相続・遺言に関するご相談はもちろん、遺産相続手続き・遺産分割協議書の作成・エンディングノート等のことなら、「大阪天満橋 みんなの相続相談サロン」 に
お任せください。遺言・相続・成年後見に関するセミナー講師も承っております。大阪に限らず、兵庫、京都など近畿圏、名古屋にも対応しています。

泉井行政書士事務所

お気軽にお問合せください

06-6809-7545

受付時間

10時〜18時 (土日祝除く) 

遺言書の要否チェックシート

遺言書の要否チェックシート

次にあてはまる方は、遺言書を作成されることをおすすめします。

1.配偶者(妻・夫)に関すること
  • 夫婦生活をともにした相手とは婚姻届を出していない
    →この場合、相手には相続権がありませんので、遺言を作成する必要があります。
     
  • 配偶者(妻・夫)のことが心配なので、自分の死後、配偶者に財産の多くを残したい
    →遺言がなければ法定相続分どおりなので、遺言が必要となります。
2.子供に関すること
  • 配偶者(妻・夫)はいるが、子供はいない
    →この場合、相続人は配偶者と兄弟または親が相続人となります。
    相続財産がマンションなどの場合、配偶者がマンションを出ざるをえない事態が生ずることもあり、生活の場を奪われてしまうことも考えられます。
    配偶者(妻・夫)にすべての財産を渡したい場合、遺言書が必要となってきます。
     
  • 病気がちな子供や障害を持つ子供がいる
    →病気や障害をもつ子供がいらっしゃる場合、その子供に配慮した遺言を書くことが望ましいといえます
     
  • 結婚を何度かしており、それぞれに子供がいる
    →後妻・後夫の子供と先妻・先夫の子供とは、面識がないことが多くいといえます。
    遺産分割協議になれば感情のもつれから、争いとなる可能性が大きいでしょう。
    この場合も、遺言書を作成することが望ましいといえます。
     
  • 子供間に経済的な格差がある、子供間が仲良くない、同居の子供と別居の子供がいる
    →一部の子供が金銭的な問題を抱えている場合、相続争いとなる可能性が大きいといえます。子供間の仲がよくなかったり、同居と別居の子供がいた場合、遺産分割協議が円滑になされないおそれがあります。
    特に、親名義の家に子供が同居していた場合、その子供は家を売り払い退去しなくてはならない可能性もあります。また親の相続が発生する時期は、子供が一番お金を必要としている時期であることが多く(塾などの教育資金)、子供間で争いがおこることもあることです。。
3.家族に関すること
  • 独身である
    →亡くなった後の葬儀や遺骨の管理、財産の処分について決めておく必要があるといえます。
     
  • 相続人の中に行方不明者・生死がわからない人がいる
    →この場合、まず不在者財産管理人の選任が必要となります。この場合、遺産分割協議が成立するまでには時間も費用もかかります。そこで、遺言書で、行方不明者などに相続させない遺言を作成する必要があるといえます。
4.相続人以外に関すること
  • お世話になった相続人以外の人や団体に何らかの財産をあげたい
    →介護してくれた息子の嫁など、相続権がない人に財産をあげたい場合には遺言を書く必要があります。団体に財産(特に不動産)を寄付したい場合、維持費などがかかることから、受け入れてくれない場合があります。この点もあわせて確認する必要があります。
     
  • 自分が飼っている犬や猫などのペットのことが心配だ
    →ペットの世話をしてくれる人に財産をあげる遺言を作成するのも一つの方法です。この場合、愛情をもってペットの世話をしてくれる方を見つけることがペットの幸せにもつながります。
    財産だけもらって、ペットの世話をしなくなる方もおられますので、この点はしっかりと考えたほうがいいと思います。

行政書士の方へ

当事務所では、遺言・相続・成年後見などに関する実務勉強会を開催しています。

行政書士は特に実務を学ぶ場所が限定されているといえます。

・遺言書の作成の依頼を受けた場合、どのように業務を行っていけばよいのだろう?

・遺産分割協議書作成はどのようにおこなったらよいのだろう?作成上の注意点は?

・戸籍はどうやって集めるの?

・成年後見を業務の一つとして考えれいるんだけど、具体的にどのような方法で業務をすすめていけばよいのだろう?

・お客様から相続に関する質問を受けるけど、どんなことを聞かれるか自信がないな。

・そもそもどうやって営業をしていけばよいのだろう

などなど悩みはつきません。

そこで、当事務所では相続・遺言・成年後見などについて学べる勉強会を開催しています。上記業務以外にも補助金に関する勉強会もおこなっています。

講師は行政書士である泉井亮太と税理士本倉淳子が担当します。

興味がある方は、info@osakasouzoku.jpまでお問い合わせください。

 

 

ご相談・お問合せはこちらへ

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

受付時間:10時〜18時 (土日祝除く)
※土日祝日、上記以外の時間帯も事前にご予約いただければ、ご相談を承ります。

非通知は電話を受け付けない設定になっています。
番号非通知設定のお客様は番号の頭に 「186」 をつけておかけください。

事務所概要

大阪谷町四丁目
みんなの相続相談サロン
泉井行政書士事務所

06-6809-7545

06-6809-7546

info@osakasouzoku.jp

代表者:行政書士 泉井亮太

〒540-0026 大阪市中央区
内本町1丁目1番6号
内本町B&Mビル 9階

事務所概要はこちら

当事務所へのアクセス