相続・遺言に関するご相談はもちろん、遺産相続手続き・遺産分割協議書の作成・エンディングノート等のことなら、「大阪天満橋 みんなの相続相談サロン」 に
お任せください。遺言・相続・成年後見に関するセミナー講師も承っております。大阪に限らず、兵庫、京都など近畿圏、名古屋にも対応しています。

泉井行政書士事務所

お気軽にお問合せください

06-6809-7545

受付時間

10時〜18時 (土日祝除く) 

相続方法の決定

相続方法には、

  1. 単純承認
  2. 限定承認
  3. 相続放棄

の3つがあります。

単純承認

単純承認とは、被相続人(亡くなった人)の財産全部を、つまりプラスの財産もマイナスの財産もすべて相続するというものです。借金があれば、その借金も相続することになります。
相続の発生を知って3か月以内に、どのように相続するのか決めない場合(相続放棄や限定承認をしなかった場合)、自動的に単純承認となります。

また、次のような場合にも、単純承認したものとみなされます。

  1. 相続人が相続財産の全部または一部を処分した場合
  2. 相続人が限定承認または相続放棄をした後であっても、相続財産の全部または一部を隠匿したり、消費したり、わざと財産目録に記載しなかった場合

相続財産調査をしっかり行ったうえで、どのような相続方法をとるかを決定しなければ、後で多額の借金が判明した場合、困ることになります。単純承認したとみなされないよう、相続財産の処分については注意してください。

葬儀費用についても、「身分相応の、当然営まれるべき程度の葬儀費用であれば単純承認たるには当たらない」との下級審判例もありますが、どの程度が当然営まれるべき程度の葬儀費用かは判断が難しいので、極力相続財産から支出するのは避けたほうがよいと思われます。

とはいえ、葬儀費用の支払いは、相続財産調査も終わっていない段階での支出であるため、どうしても支出せざるを得ない場合には、葬儀費用にかかった費用の明細書や領収書をきちっと保管しておいたほうがよいです。

なお、借金がなければ単純承認の相続がほとんどです。

限定承認

被相続人(亡くなった人)のプラス財産の範囲で、マイナス財産(借金等)を相続するというものです。この限定承認は、相続開始を知ったときから3か月以内に家庭裁判所に申し立てしなければならないこと、また相続人全員が同意しなければいけないことから、実際にはほとんど利用されていません。

相続放棄

被相続人(亡くなった人)の権利や義務を一切受け継がない方法です。

相続開始を知った時から3か月以内に手続きが必要ですが、限定承認と異なり相続人一人で申し立てることができます。(もっとも、相続人一人が相続放棄した結果、他の相続人が負う債務の額がふえるため、注意が必要です。)

プラスの財産とマイナスの財産を比較して、全財産がマイナスになりそうなら、相続放棄の方法を選ぶのが一般です。被相続人(亡くなった人)が借金がないように見えても、会社の経営者であったような場合には、税金の滞納や支払先へ未払い金があったり、会社の連帯保証人になっているおそれがあるので、注意が必要です。

なお、相続人は自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月の期間内に、単純承認、限定承認又は相続放棄をしなければなりません。この期間内に相続人が相続財産の状況を調査しても単純承認、限定承認又は相続放棄のいずれの方法をとるかを決定できない場合、家庭裁判所へ申立てることにより、3か月の期間を伸ばすことができます。

行政書士の方へ

当事務所では、遺言・相続・成年後見などに関する実務勉強会を開催しています。

行政書士は特に実務を学ぶ場所が限定されているといえます。

・遺言書の作成の依頼を受けた場合、どのように業務を行っていけばよいのだろう?

・遺産分割協議書作成はどのようにおこなったらよいのだろう?作成上の注意点は?

・戸籍はどうやって集めるの?

・成年後見を業務の一つとして考えれいるんだけど、具体的にどのような方法で業務をすすめていけばよいのだろう?

・お客様から相続に関する質問を受けるけど、どんなことを聞かれるか自信がないな。

・そもそもどうやって営業をしていけばよいのだろう

などなど悩みはつきません。

そこで、当事務所では相続・遺言・成年後見などについて学べる勉強会を開催しています。上記業務以外にも補助金に関する勉強会もおこなっています。

講師は行政書士である泉井亮太と税理士本倉淳子が担当します。

興味がある方は、info@osakasouzoku.jpまでお問い合わせください。

 

 

ご相談・お問合せはこちらへ

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

受付時間:10時〜18時 (土日祝除く)
※土日祝日、上記以外の時間帯も事前にご予約いただければ、ご相談を承ります。

非通知は電話を受け付けない設定になっています。
番号非通知設定のお客様は番号の頭に 「186」 をつけておかけください。

事務所概要

大阪谷町四丁目
みんなの相続相談サロン
泉井行政書士事務所

06-6809-7545

06-6809-7546

info@osakasouzoku.jp

代表者:行政書士 泉井亮太

〒540-0026 大阪市中央区
内本町1丁目1番6号
内本町B&Mビル 9階

事務所概要はこちら

当事務所へのアクセス